技術士二次試験おすすめ参考書【部門共通 筆記論文の書き方と勉強方法】

技術士
この記事は約8分で読めます。

当ブログ記事では技術士二次試験における筆記論文対策におすすめの参考書についてピックアップしています。

技術士二次試験おすすめ参考書【部門共通 筆記論文の書き方と勉強方法】

「論文の練習をしたいけど、どんな参考書を買えばいいか知りたい」
「論文を書きたいけど何から着手したらいいか指針が欲しい」

そのような思いを抱いている人も多いのではないかと思います。

いきなり過去問を見ながら自己流で論文の練習をしても効率が良くありませんよね。

そこで1~2冊くらい参考書を読んでみて「自分がお手本にする型」の原型を決めてから、実際に過去問で練習していくことをおすすめします。

ほとんどの参考書がこちらのような流れをおすすめしているハズです。

  • いきなり答案用紙に文章を書かない
  • まずは箇条書きで要点を整理する
  • 問題の答え、つまり解答として要求されていることを明確にする
  • 全体の論旨ストーリーを考える
  • 上記の箇条書きを問題用紙の余白に作成してから解答用紙に論文を書く

基本は守った方が成長スピードは早いので念頭においておきましょう。

そのうえで「シックリくる著者の参考書を自分の論文の型に選ぶ」のがおすすめです。

「著者が編み出した独自の手法」
「この方法が一番優れた論述展開」
「アナタ独自の内容や着眼点を書くべき」
などなど、突飛なものや独自性が強すぎるものはひとまず置いておきましょう。

まずは「基本を押さえた相手にわかりやすい論文」がしっかり書けるようになることが重要です。

基礎をしっかり固めて毎回平均点以上の論文が書けることを目指しましょう。

参考書を選定する時の注意点

参考書選びについてのアドバイスと注意点はこちらです。

  • なるべく人気のあるものを買う
  • 無難な出版社の参考書
  • 重版が続いている参考書
  • 口コミ情報に極端に悪い情報が無いか確認する
  • 購入前に対象の受験年度、最新版かどうかを確認する

人気のある参考書は、おおよそ無難で必要な内容がもれなく書かれています。

聞いたことのある出版社であれば内容や構成に対するチェックもありますし、人気があるから重版されていると言えます。

Amazonで上位にくるものの方が間違いが無いと思います。

当ブログ記事でピックアップしている参考書も基本的にAmazonで上位のものです。

購入前には必ず対象の受験年度を確認し、重版されているものは最新版を購入しましょう。

こちらのブログ記事で参考書を購入する時の詳しいアドバイスと受験部門別のおすすめ参考書についてまとめているので参考に。
→「【技術士の参考書】購入時の注意点と一次試験・二次試験おすすめ紹介」

参考書をAmazonで購入するならAmazonチャージで現金チャージすると最大2.5%ポイント還元されます。チャージ金額を高くすれば付与されるポイント額も大きくなるので日用品・消耗品も一緒に購入するとお得です。日常的にAmazonを使う人はチェックしましょう。
→Amazonでお得に買う方法【購入前に使えるか必ずチェックしよう】

技術士二次試験おすすめ参考書【部門共通】

二次試験の筆記論文対策について部門共通の参考書をピックアップしたので紹介します。

技術士第二次試験 合格者たちの勉強法


著者は機械部門の技術士であり、受験対策講座の講師をしている御方です。

この参考書は論文を書く上で必要となる基本的な考え方や練習、取り組みについて丁寧に解説されています。

また著者の思いも感じることができる本なので最初に読むのにおすすめの参考書です。

出版社は学芸出版社で建設系の解説本や学術系の書籍が多い出版社で安心です。

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方


こちらの参考書は実際に例題と解答事例を見ながら学習することができ、非常にわかりやすいです。

添削を意識して書かれているので、受験生がよく間違えるような考えや表現など実感できます。

著者は多くの技術士受験関連の書籍を執筆されているので、わかりやすさは問題ないと思います。

出版社は定番の日刊工業新聞社、かつ第6版まで重版されている定評のある参考書です。

技術士第二次試験 評価される論文の書き方


この参考書の著者は建設部門の技術士でオンライン上で技術士受験の講座をしています。

この本は赤いデザインで「論文の書き方」に主眼を置いていますが、青いデザインで「二次試験の勉強方法」に主眼を置いた参考書も一緒に出版しています。

どちらも第2版に重版されているのでセットで揃える人が多いようです。

こちらは一次試験が終わったタイミングで二次試験に気持ちを切り替える時に読むと情報収集や心の準備ができてよいと思います。

参考書だけだと不安な人のために、2つのおすすめ通信講座について比較しています。
→ 技術士二次試験おすすめ通信講座2つを比較【コスト重視か添削回数か】

論文添削がある通信教育も選択肢に

「参考書ではなく通信講座を受講したい」
「論文の添削してもらわないと自分の書いた内容が不安」

そんな思いや不安を抱いている人もいると思います。

参考書だけでは不安な人は通信教育も選択肢に入れて検討しましょう。

二次試験のおすすめ通信講座についてこちらでブログ記事にまとめています。
→ 技術士二次試験おすすめ通信講座2つを比較【コスト重視か添削回数か】

二次試験の対策として、自分の書いた論文を第三者に見てもらい客観的な意見をもらう事によって効率よくレベルアップすることができます。

参考書だけだと不安に感じる人は早めに通信講座の活用も検討に入れましょう。

一方で通信講座は費用が高額なので、費用の安さを重視にするか、それとも添削回数を重視するかという視点で見ると判断しやすいです。

個人の合格体験談や受験ノウハウをたくさん見たいならKindle本がおすすめ

電子書籍のAmazon Kindleを探してみると個人出版の参考書が見つかります。

すべての中身を確認できていないので何とも言えませんが(スミマセン)、購入する時は「出版社を通していない本」であることを念頭において完成度や内容に期待し過ぎない方が無難です。

電子書籍で値段も通常の書籍よりも安価なので、もしも購入するなら”割り切った上で”購入しましょう(移動時間など空いた時にスマホで読む”読みもの”のようなイメージ)。

Kindle Unlimitedは月定額で読み放題のサービスで、無料体験やキャンペーンもあるのでおすすめです。

技術士の受験体験談や個人の受験ノウハウ本などもUnlimitedでたくさん見つかるので、1~2か月でそれらを読み倒してもいいでしょう。

売れ筋の一般書籍も読み放題の対象になっていたりするので受験勉強の邪魔にならないように注意が必要です(冗談抜きで時間を決めないとずっと読んでしまいます、、)。

まとめ 参考書を選ぶ時間は短い方がいい

手当たり次第に購入するのもお金の無駄ですが、ケチり過ぎても時間を無駄にします。

購入する参考書選びに時間をかけるのも時間の無駄です。

なるべく早く購入して学習を始めましょう。

やってみて足りないと感じたらさらに買い足すイメージが良いかと思います。

それではロケットスタートで頑張ってください!!

応援してます!

最後に紹介した参考書のリンクを再度のせておきます。

技術士二次筆記論文おすすめ参考書




部門別おすすめ参考書の紹介

こちらは部門別のおすすめ参考書をまとめています。
リンク先の記事中の二次試験のところで部門別におすすめ参考書、教科書、書籍をまとめているので参考にしてください。

以下の部門は残念ながら技術士資格試験対策のおすすめ参考書が見当たらない部門です。
勉強方法や対策、一般的な学問参考書や教科書についてまとめていますので受験勉強の参考にしてください。

参考書だけだと不安、添削が必要と感じている人、受験用参考書がない部門を受験するなら通信教育も検討に入れましょう。
→ 技術士二次試験おすすめ通信講座2つを比較【コスト重視か添削回数か】

個人の合格体験記や受験ノウハウを片っ端からたくさん読みたい人はAmazonの Kindle Unlimitedがおすすめです。
Kindle Unlimitedは月定額で読み放題のサービスで、無料体験やキャンペーンもうまく活用すると安価でたくさんの情報が手に入ります(売れ筋の一般書籍も読み放題になっていたりするので勉強の邪魔にならないように注意) 。

コメント