論理学入門のおすすめ本を紹介【わかりやすさ重視】

この記事は約5分で読めます。

当ブログ記事では資格試験や受験勉強で “論理学の問題がわからない” と感じる人におすすめの本を紹介しています。

論理学入門のおすすめ本を紹介【わかりやすさ重視】

「資格試験や受験の過去問で論理学の問題が理解できない」
「記号を覚えても”考えて解く問題”に対応ができない」

そのような思いを抱いている人も多いのではないでしょうか?

記号を覚えて条件反射で回答できても、見たことが無い問題が出ると対応ができなくなってしまいますよね。

「せっかく勉強するなら記号の暗記ではなく、論理学の基礎を理解したい」と考える人におすすめの本を紹介します。

まったくゼロからの論理学

こちらの「まったくゼロからの論理学」は “論理学を知らない人” を相手に想定して書かれています。

説明も日常表現でわかりやすく書かれているので入門にピッタリの書籍で、受験や資格試験の参考書という感じではなく “読みもの” という印象です。

一般的な教科書や受験の参考書って堅苦しい表現が多いですよね。

すでに苦手意識がある場合だと参考書を手に取るのも決意が必要になる&途中で挫折してしまう確率も高くなってしまいます。

この本は簡単な表現とわかりやすい説明で、抵抗感を感じずに読み進めることができます。

私の場合は “わからないので基礎から理解したい” という状況だったのですが、日常の言葉や簡単な日本語の表現、想像しやすい例で説明されているおかげで、嫌にならずにずんずん読み進むことができました。

いつも電車の移動中に読んでいたのですが、この本を読みながら集中して考えていると一駅があっという間です(1度だけ降りる駅を1駅乗り過ごしました。。参考書では初めてです)

2部構成になっていて前半の1部は記号を使わないで説明が進むので、前半を読みながら理解をしていくうちに後半で記号が出てきてもスンナリと頭に入ってくれます。

2部でしっかりと記号も出てくるので、前半の理解と結びついて理解が深まります(1部の理解のおかげで記号が覚えやすくなっている)。

「資格試験や受験の過去問で論理学の問題が理解できない」
「記号を覚えても”考えて解く問題”に対応ができない」
という人におすすめです。

ド・モルガンの法則あたりで挫折してそのままの人は「まったくゼロからの論理学」で基礎的な考え方を身に付けることをおすすめします。



この本を読んで「さらに練習したい」という人は同じ著者である野矢茂樹さんが書いている「論理トレーニング101題」もおすすめです。

論理学は色んな分野で役に立つ考え方の基礎

一般的には高校の授業で論理学を学びますが、それは論理学が様々な分野で必要とされる考え方の基礎だからなんですね。

試験対策として記号の意味を暗記しても「全く同じ問題」が出題されることも少ないので、過去問をやってみて意味が分からないと手が出せなくなってしまいます。

とくに論理学が関係する分野や資格試験について下記にまとめてみました(他にもあると思いますが)。

これらの分野を勉強する人は論理学の理解が必要になるので、この際ぜひ勉強し直しましょう。

とくにプログラミングに関わる人、エンジニアを目指している人は論理学の理解(考え方が重要)は必須なので、現時点でつまずいている社会人や学生は勉強しましょう。

大学受験や公務員試験、一般常識やSPI試験

高校数学で習うのでもちろん大学受験では必要となりますね。

また公務員試験を目指す人も論理学から出題されています。

就職時に受験する一般常識の試験やSPIなどでも論理の分野として出題されることがあります。

すでに教科書の内容がわからない場合、および過去問をみても意味が理解できない場合は簡単な参考書から勉強することをおすすめします。

技術士一次試験や基本情報技術者などの資格

技術士一次試験の基礎科目で「情報・論理に関するもの」の分野から出題されることが多いです。

私の技術士一次試験受験時は論理部分の過去問を数年分遡って解説を見ながら勉強しましたが、意味が理解できていなかったので余計に勉強時間が必要になった&不安が残ったことを覚えています。

また基本情報技術者の資格を目指す人も論理演算や論理回路の前提となる論理学の理解が必須です。

これらの資格を受験予定で過去問を見ても意味がわからない場合は、過去問をやりまくるよりも簡単な参考書で事前に内容を理解しておくとトータル勉強時間を少なくできる可能性が高いです。

資格試験の過去問練習と並行して勉強するのがおすすめです。

制御工学や組込みプログラム、計算機工学など電子工学部門

制御工学や組込みプログラム、計算機工学など電子工学部門の授業で最初に学習するのが2進数や16進数などの進数表現と論理回路です。

この論理回路を理解するのにやはり論理学の事前理解が必要になります。

論理学の内容、とくに真理表の理解があると論理回路を習ったときに理解が合致する感覚がわかると思います。

わたしも実は最近はじめて論理演算回路を学んだのですが、事前に論理学を理解しておいたお陰で意味を理解することができました。

AIや機械学習の分野、一般的なプログラミングに関わる部門

勉強する人が増えてきているAI人工知能・機械学習の分野について、基礎的な考え方を理解するのに論理学の理解が必要になります。

人工知能の分野においては命題論理・述語論理や論理式の考え方が非常に重要になってきます。

わたしが今回の記事を書こうと思ったきっかけなのですが、人工知能・機械学習の基礎授業を受けてまして、「論理学の参考書を読んでてよかった~」と感じたところです(私の専門である機械設計や工学系の考え方と異なるので)。

またJavaやPythonなど一般的なプログラミングに関わる人にとっても論理学は非常に重要です。

プログラミングエンジニアを目指している人は命題論理・述語論理や論理式の理解は必須です(これらをコンピュータ言語で表現する、と言っても過言ではありません)。

もしも論理学の導入部分で停滞している人は簡単な参考書で勉強しておきましょう。






コメント